横浜保土ヶ谷眼科

JR保土ヶ谷駅西口 徒歩1分
JR横浜駅から電車と徒歩で10分
お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel. 045-465-6696

横浜保土ヶ谷眼科

MENU

飛蚊症、光視症

Medical

飛蚊症、光視症

飛蚊症は多くの場合、加齢に伴って起こる硝子体の混濁である場合がほとんどです。若い頃から飛蚊症がある患者さんもいれば、最近年齢とともに増えたという患者さんもいらっしゃるでしょう。飛蚊症は多かれ少なかれ誰にでもある変化です。しかし、時に病気の出現のサインであることがあります。眼の中の硝子体という部分が縮んでしまって硝子体が網膜を引っ張ってしまうことがあります。その時に網膜に穴が開いて、その一部が硝子体に飛んで、飛蚊症となり網膜剥離につながることがあります。いつもと違う飛蚊症が出たときには注意が必要です。また視野の周辺に光が飛ぶことがあります。光が光っていないのに光が見えるときは眼の中で硝子体が網膜を引っ張って、網膜に影響を与えていることがあります。光視症は網膜血流とも関係しており、何度も出現するときは眼底検査を行うのが良いでしょう。