横浜保土ヶ谷眼科

JR保土ヶ谷駅西口 徒歩1分
JR横浜駅から電車と徒歩で10分
お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel. 045-465-6696

横浜保土ヶ谷眼科

MENU

網膜はくり

Medical

網膜はくり

網膜はくりは極めて重症な病気です。網膜という眼の中にある神経の膜がはがれてしまい、最悪の場合には失明まで進行します。最初の症状は飛蚊症が少し増えたかなと感じる程度ですが、網膜剥離が進行すると、視野の中に見えない部分が出現し、そのために暗い影が見える時もあります。更に進行すると網膜剥離は大きな視力の低下を引き起こし、生活や仕事ができなくなります。また、手術治療を行っても歪みが残るなど元に戻らないことも多くありますので、症状が初期の段階で受診し、眼底検査を行い早期に治療を行うことが必要です。網膜はくりは以前は全身麻酔で行う網膜復位術が多く行われていましたが、現在では局所麻酔で行う硝子体手術で治療することが増えてきています。しかし、進行した網膜はくりでは手術をしても十分に治療しきれない場合もあります。