横浜保土ヶ谷眼科

JR保土ヶ谷駅西口 徒歩1分
JR横浜駅から電車と徒歩で10分
お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel. 045-465-6696

横浜保土ヶ谷眼科

MENU

白内障

Medical

白内障

白内障は、眼の中にあるの水晶体(カメラのレンズの部分)が黄色く濁る病気です。白内障の多くは加齢によるものですが、糖尿病など全身に他に病気のある人や若い人でもアトピーや眼のケガで起こることもあります。またステロイドを使っている人にも起こる病気です。そして、自分は老眼と思っている方も、実は白内障が原因でピントが合わない場合があります

白内障の症状

視界が全体的にかすむ、視力が低下する、光をまぶしく感じる、物が二重に見える、暗い時と明るい時で見え方が違うなど様々な症状が出ます。

白内障の治療

仕事や生活に支障が出ていない初期の場合は、ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療を行う場合があります。ただし、薬を使用しても水晶体が透明に戻るわけではなく、生活や仕事に支障が出た時には手術が必要になる場合があります。

日常生活に支障が出てきた場合、見えづらいため転倒したり、ぶつかったり、階段から転び落ちてしまう場合があります。そうなる手前で受けるのがベストです。

白内障の手術は、多くの患者さんが安心して受けることができる手術の1つです。また、手術を受ければ、視力の回復が見込める病気です。ただし、人工的な眼内レンズにピント調節機能はないため、手術後もメガネなどにとる視力の矯正が必要な場合があります。

白内障手術は点眼麻酔手術ができ、麻酔の時にはしみる感じがありますが、手術自体は無縫合、無出血、無痛で手術が行うことが殆どの場合可能です。