横浜保土ヶ谷眼科

JR保土ヶ谷駅西口 徒歩1分
JR横浜駅から電車と徒歩で10分
お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel. 045-465-6696

横浜保土ヶ谷眼科

MENU

加齢黄斑変性

Medical

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は最近テレビや新聞でも取り上げられることもあり、よくご存じの方も多いと思います。網膜の中心に黄斑という場所があります。その黄斑は字や物を細かく見たり色を感じることができる非常に大切な場所です。

その場所はすべての人にいつまでも健康であってほしいと願い、横浜市立大学附属病院で私は初めて黄斑専門外来を開設いたしました。

 

黄斑には様々な病気が起こりますが、加齢黄斑変性は中でも治療が困難な病気です。症状は中心が見えにくい、ゆがむ、ぼやけるといった症状から、突然大出血を起こし見えなくなるといった症状まで様々な症状を引き起こします。この病気は慢性の病気ではありますが、症状が段階的に進むこともあり「急に見えなくなった。」という患者さんも多くいらっしゃいます。治療は現在の時点では抗VEGF抗体の治療が最も有効です。その他の療法としてレーザー治療や過去には手術治療も行われましたが、現在は抗VEGF抗体の投与を患者さんの眼の状態にあわせて投与方法や間隔を変えて行うことが加齢黄斑変性の治療には有効です。